スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載「一箱古本市の魅力」その④


 これまでに「一箱古本市」に参加された方々にお伺いしていった
連載「一箱古本市の魅力」。4回目となる本日がいよいよ最終回です。

 呉市では10月は4日(日)に呉市中通2丁目界隈で「一箱古本市」
を開催しますが、10月11月は全国津々浦々で「一箱古本市」は行われ
ています。

 このブログを読んで、「なんだか一箱古本市って気になるな」と思わ
れた方はぜひ、自分が参加できそうな近場の開催地をさがして、とにかく
一度、参加してみてください。
 そして、この4回の連載で文章を書いていただいた8名の方の言葉が
ほんとうか、否か、確かめてみてください。

 人生何ごとも体験です。やってみないとわかりません。

 それでは、その④です。どうぞ!


連載「一箱古本市の魅力」 その④
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 一箱古本市をぐるりと一周すると、あら
私こんなジャンルも好きだったのかとか、
実は興味があった本が古本だから安く手に
入るなら…買っちゃおなんて、様々な新発
見に気付けばリュックが重くなる。
 店主さんとお話をすれば、自分にビビビ
な本を薦めてくださるものだから、本が増
えてしょうがない。
「なんだか店主をするのも楽しそう、でき
るかな…」と心の声を漏らせば、一箱古本
市の皆さんが一斉に「やってみんさい!」。
こうして私も1日店主さんになりました。
興味あるけどなんとなく躊躇っている人は、
まずは気軽な気持ちで大きめの鞄を準備し
て古本市へ飛び込みましょう。
⚫️(Fさん、女性)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一箱古本市の魅力、それは「本について
思いっきり語れる場所」だってことです。
制限時間や字数制限を気にする必要は有り
ません、基本的に本好きの方が集まるので
「会話が噛み合わない」なんてリスクもわ
ずかです。
 図書館みたいに「館内はお静かにお願い
します」なんてことも爆音さえ出さない限
りは有りません。
 私は「あちこちで時に過剰なぼどに、本
についての語り合いが起こる」一箱古本市
という場が大好きです。
⚫️(Tさん、男性)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 みなさん、それぞれの「一箱古本市」がありましたね。
 今回で短期連載は終わりました。
 今回、文章を書いていただいたみなさん、お忙しいなかありがとう
ございました。

 
 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

くれBookStreet実行委員会

Author:くれBookStreet実行委員会
広島県呉市で2011年から「一箱古本市」を中心とした本イベントを開催しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。