スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早いものですね、12月です。


早いものでもう12月も4日。今年も無事、春と秋に「一箱古本市」を
開催できました。

ということで、ほっとひと息ついたので、
11月の最後の日、30日には香川県の琴平まで行ってきました。

目的は春の音戸での「旅する古本屋さん」に高松からきていただいた
古書店「なタ書」の店主藤井さんが期間限定で、琴平町にオープンし
ていた「こんぴら書房」。

実行委員会3名で車に乗り込み、瀬戸中央道を渡り、四国まで伺いま
した。

「こんぴら書房」は琴平町一帯で7月〜11月末まで開催されていた
「こんぴら昭和なつかし博」のひとつの企画で。
閉店から約10年そのままだった本屋さんを藤井さんがデレクションさ
れたもの。日曜日ということもあり、こんぴらさんに行かれる観光客
も多く、店内の本を手にとり「なつかしいね〜」とみなさん、おっし
っていました。

行きは天気もよく、琴平のあとは高松まで足を伸ばし満喫してきました。


<縮小>こんぴら書房


<縮小>こんぴら書房2


<縮小>こんぴら書房3




スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

くれBookStreet実行委員会

Author:くれBookStreet実行委員会
広島県呉市で2011年から「一箱古本市」を中心とした本イベントを開催しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。