スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「旅する古本屋さん」ご参加。 その⑤

 その⑤【なタ書】

 最後は急きょ、瀬戸内海をわたってやってきてくださることになった
「なタ書」さんです。

「なタ書」さんは、日本で一番小さな県、香川(うどん)県高松市にあ
ります。店主藤井さんは当日いらっしゃいます。

 当日、どんな本を並べるか、店主藤井さんに伺いました。

「四国は高松にある完全予約制の古書店です。『なんでも売るからなん
でも揃う』を合言葉に、当日は幅広いジャンルの本たちを、わずかばか
り一杯にトランクケースに詰め込んで、お邪魔します」

雑誌の「本屋さん」特集にも掲載されるほどで、その店内も気になり、
わざわざ高松まで行きたい気持ちになりますが。
当日は呉で「なタ書」さんの本を手に取ることができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
「なタ書」

 香川県高松市瓦町2−9−7 2階
ーーーーーーーーーーーーーーーーー


<縮小>なタ書さん



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

くれBookStreet実行委員会

Author:くれBookStreet実行委員会
広島県呉市で2011年から「一箱古本市」を中心とした本イベントを開催しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。