スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『紙フェス』、着々と準備進んでいます!

くれBookStreetが、秋に開催する『一箱古本市』のプレイベント『紙フェス』!
告知から2週間近く、着々と準備を進めています。

トークイベントやワークショップの参加者も、まだ募集しています。
せっかく小冊子、フリペが好きで会場に足を運んでいただけるのであれば、トーク
やワークショップにも参加して、ギャラリーの空間を思う存分、楽しんじゃってく
ださい!

そして、こちらも!
飛び入り歓迎!フリーペーパー、リトルプレス、ジンなど、自分が作ったものを展
示したい人も募集しています!
気軽にご連絡してください。お待ちしています。

ということで、ここでは、現在、出展が決まっている全国のフリーペーパー、リトル
プレスを紹介していきます。


『紙フェス』出展品の紹介

<リトルプレス> (販売)

●「横須賀スキップ」 (神奈川県横須賀市)/三浦スキップ社
 三浦半島在住女性3人による編集ユニットが。今年の5月28日に創刊。
  横須賀を中心とした三浦半島をスキップするような軽快なリズムで遊ぼ
  うと名付けた屋号で、制作されています。 


●「骨ノ音」(広島県呉市)/ドラゴンドロップス。(カワムラコノミさん)。
イラストで制作された冊子「骨ノ音」や豆本などを制作されています。

●「tenran」(福岡県福岡市)/エフディ
エフディ発行の「tenran」は、ページをめくりながら見る展覧会。額に入って
いた作品の数々がひっそりと静かに冊子のなかに並んで、あなたに見てもらう
のを待っています。

●「oraho」(福島県会津地方)/oraho編集室 
oraho(おらほ)とは、会津のことば。「わたしの土地」「わたしの住んで
いるところ」という意味。リトルプレス「oraho」とウェヴサイトで山深い
会津地方にあるさまざまな“いいもの”を紹介している編集部です。
2010年創刊。

●「kalas」(三重県津市)/カラス編集室 
三重県津市発の冊子。地域の魅力や日々の暮らしを観察して、一冊の冊子
を制作されています。

●「littlepress」(福岡県福岡市)/ エフディ

「littlepress」というリトルプレス。リトルプレスは外に出て行かなければ
手に入れることはできない。あらかじめ約束される時代に「偶然」リトルプ
レスに出会う楽しみ。そんなドキドキするようなことを、まだまだ作り出し
ていきたい。「littlepress」はそんな出会いをお届けします。


<フリーペーパー>(配布)
 
●「tmk(つみき)」(三重県津市)/tmk編集室
津の大人が子どもたちに伝えたいこと。津の子どもたちの、かわいいフリーペ
ーパー。

●「好物」(東京都)/好物編集部
知らない人の考えていること、をテーマに「好物」は、毎月極力、都内各所に
発行されているフリーペーパーです。

●「ハピネス」(滋賀県)/ハピネス編集部
2010年3月創刊。滋賀県びわこの東で作っている、くらしの中の小さな楽しみ
をお届けするフリーペーパーです。

●「かんじるフリーペーパーhanauta」(大阪府)/hanauta編集部
hanautaとは、気分がイイ時に、思わずくちずさんでしまう、はな歌のこと。
日常の中には、思わずhanautaを歌いだしてしまうような、ココチイイ感覚
があふれている。そんな感覚に気づくきっかけになってくれればいいなと思
い発行された、フリーペーパーです。

●「ぱんとたまねぎ」 Vol.25(福岡県福岡市)/ぱんとたまねぎ 
2005年より京都にて発酵されている「ぱんとたまねぎ」。 当日のトーク
ゲストにもきていただく「ぱんとたまねぎ」主宰のフリーペーパーは約1
年ぶりに発酵されたVol25。

<リトルプレス>(展示のみ)

●「nanakikae」さんの豆本 (広島県広島市)/花霞堂

豆本や一箱古本市等では、花霞堂という屋号で活動中のnanakikaeさんが
制作された豆本を数点、展示させていただきます。

また、会場で両日ともに、岡山451BOOKSから届いたリトルプレスも
販売するのですが、現在の予定では、下記のような冊子を用意していた
だきます。

(* aube * おかやま街歩きノート * hito(ヒト) * ぱぴる文庫 * 月刊ビル
* 街並み * ぽかん * かたりね * 旅人の木 * 季刊サルビア * APIED
*murren *暮らしき *そらあるき……and more)

まだまだ準備中のものもありますが…続々と内容が決まっています。

リトルプレスは販売以外の展示だけ、フリーペーパーは配布以外の展示だけ
のものもたくさん、あります。
もちろん呉の「甘茶手帖」、江田島の「Bridge」もありますし、呉の街角で
よくみかけるフリーペーパーも展示します!
あと、会期中限定の特別コラボフリーペーパーも制作中です!

ぜひ、気になる!おもしろそーう!私も作ってみたーい!と思われる方は、
足を運んでください。 どうぞよろしくお願いいたします。


<予約申し込み/問い合せ> 
  mail  kurebook@gmail.com   TEL 090-2250-8586

(*トークイベント、ワークショップの予約はメールで受付ます。名前、
  住所、電話番号を明記のうえ、お申し込みください)

  主催:くれBookStreet実行委員会   共催:Bridge

スポンサーサイト
06 | 2011/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

くれBookStreet実行委員会

Author:くれBookStreet実行委員会
広島県呉市で2011年から「一箱古本市」を中心とした本イベントを開催しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。